話し合いも依頼できる

弁護士に早めに相談する際のメリットとして、意外に大きいのが、弁護士に相談しているという事実が取引先に重くのしかかるということです。弁護士と聞くと、法的な手段、つまり民事保全や強制執行などを行えるというイメージを取引先に持たせることができます。

取引先としては、売掛金を支払わない自分たちに非があることは明らかで、法的手段に出られた場合は負ける可能性が高く、弁護士が介入して裁判となると明らかに分が悪いのを察するでしょう。そうした心理的なプレッシャーが取引先をより真剣に支払いをするように促します。

また、取引先の状況によってはどう頑張っても期日までに全額を支払うのが難しいということもあり得ます。そうした場合でも弁護士は取引先と直接話し合いを設け、取引先の実情も考慮した上で、分割払いなどのさまざまな返済方法を提案することができます。こうした具体案によって、そのまま支払いが滞ることなく、可能な範囲での返済を続けることができ、債権者としては少しでも回収する際に大変助けになるでしょう。

弁護士が介入というそれ自体で、取引先には大きなインパクトを残すことができます。自分たちでいろいろと悩む前にまずは弁護士に相談しましょう。

 

弁護士の得意分野に注目

弁護士を探すうえで注目したいポイントは、債権回収や売掛金に関するトラブルにおいて経験のある弁護士事務所かどうかという点です。弁護士はオールマイティに事案を引き受けることができるものの、やはりこれまでに同じような裁判や話し合いをしてきた経験の差は生まれます。

まずは近くの弁護士事務所のサイトなどを検索し得意な分野が何かを調べてみるとよいでしょう。特に取引先が悪質な業者で、売掛金の支払いに全く応じないような場合には、法的な手段にでることもやむを得ないこともあり、そうした手続きに慣れた弁護士に相談して依頼することでよりスムーズに展開できるでしょう。また、法的な知識にも精通していますので、弁護士の目線から現状を正確に把握し、債権者が気付かなかった方法や権利に気づかせてくれることもあります。

売掛に関するトラブルは取引先が増えてくるほど発生の確率は増えていきます。完全に売掛金に関するトラブルを防ぐことは難しいかもしれませんが、万が一の時のためにこうした弁護士を介入させての解決の方法も覚えておきましょう。そうすることによって問題が発生した場合にも迅速に対応することができ、被害も最小限に抑えることができるでしょう。

売掛金トラブルの解決に弁護士を

企業はさまざまな取引先と取引を繰り返すことによって利益を得ていきます。大きな企業になればなるほど、その都度対価を支払ってもらうというやり方よりも、月に一度まとめて清算して支払いをしてもらうという、いわゆる売掛のシステムをとることがあります。しかし、この売掛金のトラブルは決して少ないとは言えないでしょう。つまり、売った商品の代価や、提供したサービスの対価を支払ってもらえないということです。これではいくら取引先が増えたところで利益にはつながりません。そこで、そうした事態を事前に予測して対応策を考えておくことが企業の発展には不可欠といえるのです。

もちろん企業としても、ことをあまり大きくしてしまうとそれだけ多くの時間や人件費を割くことになりますし、本業に集中することも難しくなってしまう可能性があるため、できるだけ被害が小さいうちに解決しておきたい問題の一つといえるでしょう。

取引先との交渉の際に初めに契約書を交わしていることが多いと思いますので、そこでの約束事項に従って自分で話し合いを進めていくこともできますが、プロである弁護士に依頼してしまうほうがはるかに効率が良いといえるでしょう。なぜなら、当事者間の話し合いは多くの場合そのままなあなあになってしまって具体的な債権の回収にならないからです。こうして時間だけが過ぎてしまい、結局は時効になってしまって、企業にとって大きな損失となりかねません。そこで弁護士に相談することがおすすめなのです。